カードローン審査

銀行カードローンの保証会社とは

銀行カードローンの商品概要書の、申込条件のなかに「当行所定の保証会社の保証を受けられる方」という言葉が記載されています。

 

そして保証会社としてアコムやSMBCコンシューマーファイナンス「プロミス」といった、大手消費者金融の名前が記載されています。銀行カードローンと保証会社の関係は切っても切れない関係になっています。

 

保証会社に大手消費者金融の名前があるのは

2010年の貸金業法の改正はグレーゾーン金利が撤廃されたことにより貸金業者に与えたインパクトは非常に大きなもので、体力のない中小の消費者金融業者は、あっという間に淘汰されていきました。

 

さらに大手消費者金融も、なんとか持ちこたえたものの、グレーゾーン金利の返還訴訟で資金が枯渇し、単独で事業を続けることが困難になり、次々と大手銀行の金融グループの傘下に収まることになります。

 

銀行はこれから力を入れていく個人向けの融資に関して高いノウハウを持つ優秀な消費者金融と経営統合すれば無駄な設備投資は不要になると考え、消費者金融は銀行グループに参入し、銀行と結びつくことになりました。

 

たとえば三菱UFJフィナンシャルグループのアコム、三井住友フィナンシャルグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスなどがあります。そして大手の金融グループに仲間入りした消費者金融は、銀行のカードローンの保証会社としても機能するようになりました。

 

保証会社の役割

銀行カードローンの保証会社の役割は、ローンの審査と債権の保全にあります。

 

保証会社は、仮に利用者が返済不能となった場合、利用者の債務を代位弁済するわけですが、それに伴い顧客は債務から解放されるということではなく、債権が保証会社に移ったという事になり、残っている債務を払ってくださいという通知等々は、保証会社からくるようになります。

 

つまり、銀行はカードローンの貸出の窓口ですが、保証会社をつけることで、審査の最終判断から返済が延滞していている顧客の管理まで、広く言えば債権の管理まで保証会社に丸投げしているということです。

 

消費者金融や信販会社の個人融資のノウハウを活用するということは、個人融資そのものの責任を消費者金融や信販会社に委任することになり、銀行にとっては、きわめてメリットの多い関係という事になります。