カードローン審査

女性だからと言って審査に影響はある?

一昔前は、消費者金融の利用者の男女比は、圧倒的に男性多く、女性の利用者は、全体の2割にも満たないほどで、キャッシングに対しても周囲の目が気になる状況でした。

 

しかし、最近は消費者金融のイメージがずいぶん変わり、女性であっても利用しやすいという認識が広まり、現在では消費者金融や銀行のカードローンの利用者の男女比は、男性多数とはいえ、ほぼ半数同士にまでなりました。

 

女性は男性に比べて審査が厳しい?

消費者金金融などでは、女性は借入れしにくいという噂もあるようですが、銀行や消費者金融の審査は、あくまで男女平等に行われます。ですから、男性だから融資が受けやすいとか、女性だから借入れしにくいといったことはありません。

 

ではなぜ、こういった話が度々出てくるのでしょうか?
その理由として、審査は「男女公平ではなく男女平等」に行われるためです。
いくら女性が社会進出したといっても、全体的な所得面では、男性に対してかなり低いのが現状です。

 

契約者の返済能力を重視する貸金業では、男性に比べて、女性のお金に対する信用度というのは低めに見られます。

 

特に、パートやアルバイトなどの非正規雇用者の女性の借入れは、収入も少なく、しかも安定していないとみなされやすく、審査に通りにくいのはこういった理由があるからです。

 

専業主婦は影響を受ける

消費者金融で融資を受ける時は「女性だから」という理由で審査に影響を受けることがあります。それは、無収入の専業主婦という立場で申込をする場合で、消費者金融や信販会社は貸金業法の総量規制で、お金を融資するときは年収の3分の1以内と制限されます。

 

無収入の専業主婦も申込は出来ますが、条件として本人に収入がある事が条件になるので専業主婦が審査に通ること難しいと言えます。

 

女性だという理由で影響があるのは無職の専業主婦だけで、パートやアルバイトで収入がある方は消費者金融でも申し込み資格はあり、審査は一般と同じように受けることが出来ます。

 

ただし、銀行カードローンは総量規制の影響をうけません。
基本的には配偶者に収入がある事が条件ですが、その条件さえクリアできれば無職の専業主婦であっても審査に通れば融資が受けられますので、心配する必要はありません。