カードローン審査

カードローンが組めない、その対処法

カードローンをいくら申込んでも審査に通らないとか、クレジットカードの作成も出来なかったという事はないでしょうか?

 

延滞を起こした事らあるとか、債務整理したというように、理由が解れば納得もできるのですが、このままカードローンがくめないと考えると不安になってしまいます。
どうすれば組めるようになるのかを考えてみましょう。

 

カードローンが組めない理由

カードローンがくめない理由には、様々な理由があるのですが、審査申込の否決理由は教えてもらえません

 

自分で思い当たる事があれば、納得もできますが、何度申込をしても審査に通らない場合、落ちた理由が分からない限り対処が出来ません。

 

審査では何が重要なのか、カードローンがくめない理由のいろいろを挙げてみました。

 

  • 携帯電話の滞納
  • 金融事故者
  • 申込みブラック

というのが原因になっている場合があります。

 

たとえば、現在はスマホが主流となりスマホの端末代金は一括払いも有りますが、通常は毎月の通話料と一緒に分割で支払っています。

 

キャンペーンで、端末料金分を無料通話料として付加することで、「実質、携帯料金ゼロ円!」なんて広告を見た事が有ると思いますが、これは実際の支払金額が通話料のみと同額というだけで、分割払いにしていることに変わりがありません。

 

携帯料金を滞納する事は、ローンの延滞している事になり、携帯料金延滞でローンがくめない人が増えています。

 

金融事故などの事故情報は、個人情報センターに一定期間登録され、延滞、債務整理など事故理由によって3年〜10年記載されます。

 

カードローンが通らない理由が、自分で納得できない場合は、自分の信用情報を確認する事をおススメします。

 

信用情報機関はそれぞれ独立していますが、延滞などの事故情報の一部は相互交流して情報を共有しています。なので、遅延や、金融事故を起こした事は、どこで申込んでも否決するという現象が起こるのです。

 

次に、どこでもよいから最短で契約出来るところ、と短期間に複数回申込みをすると、申込みがあった事がリアルタイムで記載され、「申込ブラック」と呼ばれるようになります。
登録は3カ月程度で抹消されるので、短期間に集中的に申込みをして否決された方は最低でも3カ月、間を空けて再度審査申し込みしてみて下さい。