カードローン審査

無職でも審査に通るカードローンをさがす

キャッシングは基本的には「安定した収入がある事」が条件になっていますが、中には現在失業中であるとか、無職の専業主婦や主夫の方もおられます。

 

そういった方がお金を借りたい時はどうすればよいのでしょうか。

 

借りやすくなったキャッシング

カードローンは収入がある事、つまり正社員はもちろん非正規雇用の派遣社員や契約社員、パートやアルバイトなど、働いている人に向けた商品で、カードローンを契約する事に抵抗の無い人も増えてきています。

 

銀行カードローンは、審査に時間が長くなるという事もありますが、それでも昔よりはスムーズにカードが発行されるようになっています。

 

消費者金融のキャッシングも好感度のタレントをイメージキャラクターに起用していることもあり、昔のサラ金というイメージがなくなり、消費者金融ならではの借り易さと、審査のスピーディーさが多くの人がお金のピンチから救われています。

 

配偶者がいるかいないかで決まる。

最近はイメージも良くなり、融資までの早さも自慢のカードローンですが、やはり無職の人は持つことができないというのが常識になっています。

 

カードローンの商品に関する商品説明書を見てみると、必ず書いてあるのが「安定した収入のある方」という一文。基本的にはどこを選んだとしても、収入の無い人は、お金を借りることはできないのです。

 

しかし、唯一無職でお金を借りることができるのが「専業主婦(専業主夫)」専用の商品です。これは夫や妻どちらかに収入があれば申込みができるというもので、借入れ金額はどんな銀行などのプランを見ても30万円から50万円くらいまで、多くは借りられませんがこれらは確かに無職でも借りられるカードローンです。

 

申込には、配偶者の同意と収入証明書などが必要になるプランもあるので、申込先によっては夫婦で話し合って決める必要があります。

 

配偶者がいない、つまり独身で無職という場合は審査に通過できるようなプランは無いと言っても過言ではありません。

 

ただ、無職と言っても収入がある場合があります。
例えば株の配当や家賃収入など、無職ではあるけれど収入があるという場合もあるので、そのような時は、直接キャッシング会社へ問い合わせをしてみるのもよいでしょう。