カードローン審査

カードローンの審査に落ちた人から学ぶ審査に通る方法

カードローンの審査はそれほど厳しいものではありませんが、それでも審査に落ちたという人もいます。落ちた理由は教えてくれないので解りませんが、口コミなどを見ると落ちた人には共通点がありました。

 

他社借入れ件数が審査に悪影響

消費者金融では借入れできる金額が年収の1/3までと決まっているので既にその金額に達していれば融資は受けられません。また他社借入れに嘘の記載をしてもすぐにばれてしまいます。

 

実はカードローン会社は申込みがあると信用情報機関へ申込み情報を登録すると共に申込をした人の過去の情報を照会します。

 

そのためカードローン会社同士では情報を共有しているので、申告した内容と、信用情報機関の内容が異なっていたら、申込者が嘘をついているという事になり信用が無くなってしまいます。

 

つまり、カードローンの申込みをする時には正直に記入する事が重要になります。
「審査に通りたいから」「どうせバレないだろう」といった安易な考えで申告を誤魔化すと審査に通るどころか、確実に落とされます。

 

年収が多くても審査に通らない事もある。

「年収は申し分ないのに審査に落ちてしまった」という人もいますが、このような人は借入希望額が高すぎることが原因になっている事があります。

 

たとえば、収入が多くても、ローン件数が多ければ「返済能力は低い」と判断されます。つまり収入に比べて、年間のローン返済比率が高ければ借りられる可能性は低くなってしまいます。

 

また、審査は、年収よりもむしろ勤続年数を重要視しますので、年収がいくら多くても勤続年数が短ければ審査に通らない事もあります。

 

利用状況に問題はないか

カードローンの審査では延滞情報や遅延情報も信用情報機関で調べます。
意外に盲点になっているクレジットカードの遅延や延滞情報で、クレジットカードの信用情報機関にCICという所があり、そこへプロミスやアコムなどの大手消費者金融は加盟しています。

 

そのためクレジットカードでの利用情報も照会することができるのです。

 

「残高不足で携帯電話の料金が引き落としされていなかった」事が記載されていれば、カードローンの審査は通らなくなってしまいます。

 

実際に「自分は大丈夫!」と思っていた人がカードローンに否決になり、改めて信用情報機関に情報の開示を行うと延滞情報があったというケースもあります。