カードローン審査

在籍確認なしで審査に通る

消費者金融や銀行カードローンでお金を借入れしたい時、意外と気になるのが在籍確認です。在籍確認とは、簡単に言えば、借入れの申し込みをした本人が、契約書に記入した勤務先や自宅に本当に属しているかを確認することです。

 

通常、在籍確認というのは、情報の確認作業なので、省略する事は出来ませんが、金融業者によっては、特定の条件を満たせば在籍確認を回避することができます。

在籍確認とは

まず、審査で面倒な手間をかけてまで申込者の勤務先に電話をかける必要があるのという事で、在籍確認の役割は、本人の返済能力を確かめる同時に、情報詐称を防止する意味合いがあります。

 

金融業者でお金を借りるには、当然審査を受けることになります。
この時、重要になるのは申込者にお金を貸しても収入があり返済する能力があるかという事が重要になります。

 

そのため本人が記入した申込書に電話を入れて、本人が在籍しているかの確認をする為に在籍確認の電話があります

 

在籍確認の電話を回避する方法

在籍確認がキャッシング会社では重要な要素になっていることはわかりましたが、肝心のそれを回避する方法についてはあまり多くありません。しかし、知っておけば、勤務先に電話をされることがないので、使える機会はあると思います。

 

大手消費者金融で在籍確認を回避する一番確実な方法は、自分が特定の会社に属しているということが、はっきりと証明できる書類の提出で、在籍確認が行われるキャッシング会社に申込をする事です。

 

口コミ情報やキャッシングサイトでは「プロミス」や「アコム」など大手消費者金融は可能と書かれているのを見ますが、実際のところ「在籍確認の電話なし」と明示しているのは「モビット」だけです。

 

モビットの在籍確認

モビットの申込は「カード申込」と「WEB完結申込」のアイコンがホームページにあります。在籍確認の電話なしで申し込めるのは「WEB完結申込」だけになります。

 

「WEB完結申込」は会社勤めのサラリーマンが対象で、申込条件は

  1. 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座があり。
  2. 社会保険証または組合健康保険証をお持ちの方

となっています。

 

なので、国民健康保険の方はこの申込方法は利用できませんので注意が必要です。
モビットの「WEB完結申込」が在籍確認の電話なしを売りにしている申込方法です。